メニュー
禁煙外来

禁煙外来の保険治療について

喫煙者の70%はニコチン依存症です。タバコをやめられないのは、あなたの意志の弱さではなく、ニコチンのもつ強い依存性が原因です。(以下の要件を満たしている必要があります)

  • ニコチンの依存度をはかるテストでニコチン依存症と診断されている。(TDSで5点以上)
  • 1日の喫煙本数×喫煙年数が200以上である。
  • 直ちに禁煙することを希望し、禁煙外来について説明を受け、プログラムへの参加について文書により同意している。

禁煙外来での治療

期間は禁煙外来初日から8日目より禁煙開始し、12週間(約3ヶ月)でその間に計5回通院です。
毎回、医師・看護師から下記の治療・支援を行います。

  • 診察
  • 呼気一酸化炭素濃度の測定
  • 禁煙実行、継続に向けてのアドバイス
  • 禁煙補助薬の処方

禁煙補助薬について

禁煙補助薬であるチャンピックスRは、脳にあるこれまでニコチンに反応していた部分に作用し、喫煙による満足感を抑制し、禁煙に伴う不快な症状(イライラ感や切望感)を少なくする効果がある薬です。副作用として、吐き気・便秘・不眠・頭痛などの症状が報告されています。1日2回、食後に飲みます。
飲み始めの1週間はタバコを吸いながら服用し、8日目には禁煙を開始します。服用期間は12週間です。

費用について(3割負担の場合)

健康保険等を使った禁煙治療にかかる費用(自己負担分3割として)は、処方される薬にもよりますが3ヶ月で約19,000円です。これは、1週間あたりで換算すると約1,500円となり、毎日20本タバコを吸う方なら、約2~4日分のタバコ代に相当します。この機会に、ぜひ一緒に禁煙を達成しましょう!

禁煙外来説明書・問診票はこちら
初診の方へ メディア掲載 健康情報