メニュー
2Lの下剤を飲まない大腸カメラ
医療法人社団ひうらクリニック > 2Lの下剤を飲まない大腸カメラ

下剤を飲むストレスを軽減

大腸内視鏡を受けたくない理由の一つに、検査前に大量(約2リットル)の下剤を飲まなくてはならないことが挙げられます。

その問題を解決するために、ご希望の方に当院では眠っているうちに胃カメラを用いて下剤を直接胃・十二指腸に注入する方法を採用しています。

午前中に来院して頂き鎮静下の胃カメラ検査を行い、その後下剤を注入いたします。

通常、下剤注入後2時間程度で検査可能な状態となりますので、午後から鎮静下の大腸カメラを施行して検査終了となります。

2Lの下剤を飲まない大腸カメラの手順

胃カメラ検査施行
胃カメラ検査施行
十二指腸に下剤注入
十二指腸に下剤注入
胃内に下剤注入
胃内に下剤注入

下剤を飲まない大腸カメラのメリット

  • 多量な下剤内服が不要となる。
  • 下剤内服した場合よりも排便回数が少なくなり、肛門への負担も軽減される。
  • 1日で胃カメラと大腸カメラができる。

下剤を飲まない大腸カメラのデメリット

  • 胃カメラを同時に受けなければならない。
  • 院内の滞在時間が長くなる。

※検査中の所見や状態により、下剤を注入できない場合があります。
※当日の下剤内服・注入に関わらず大腸カメラを受けられる方は、前夜に便を出しやすくする錠剤2錠を内服して頂きます。
※下剤注入法をご希望の方は、諸費用として別途2,000円を頂いております。

初診の方へ
メディア掲載
採用情報
健康情報