メニュー
内視鏡検査

当院での内視鏡検査

レーザー光源搭載の新世代内視鏡システムを導入

レーザー制御技術と、画像処理技術を組み合わせることで、粘膜表層の微細血管などを強調した画像観察を可能とし、従来の内視鏡に比べ一段と視認性向上を実現しました。
このために、がんなどの病変部より早期の発見がさらに可能となりました。

次世代内視鏡システム

白色光用観察レーザー・狭帯域光観察用レーザー

白色光観察

レーザー光源を採用することにより、白色光観察においてシャープで立体感のある、明るい画像を追求しました。なお、色調は、従来のキセノン光源と同等です。

白色光観察・胃

白色光観察・大腸

大腸

レーザー内視鏡技術

レーザー内視鏡技術

BLI-bright観察

BLI-bright観察では、白色光観察とBLI観察のバランスをとり、狭帯域光観察としては遠景でも明るい画像を実現しました。中遠景から接近・拡大まで、幅広い観察をサポートします。

BLI-bright観察・食道

食道

BLI-bright観察・大腸

大腸

BLI観察

BLI用のレーザーの比率を増やす事で、表層血管や表面構造がシャープに見える画像を追求しました。
BLI画像では近接・拡大観察をサポートします。

BLI観察・食道

食道

BLI観察・食道

食道

苦痛のない、安全な内視鏡検査

苦痛のない検査

眠っている間に検査をしていただくことができます。

当院では、麻酔を使用して眠った状態で検査を受けて頂いております。
一人ひとりにあった量の軽い鎮静剤を検査前に注射を行います。
「楽で、苦痛のない内視鏡検査」にこだわっております。

胃カメラと大腸カメラを同日に受けていただくこともできます。
何かと忙しい患者さんの時間的負担や症状などを考慮して、必要に応じて胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査を同日に続けて行う事ができます。
※大腸内視鏡検査は検査前に下剤を飲んで頂き、腸の中の便を出して空っぽの状態にしてからの検査になります。
検査前までに一度診察に来て頂き、下剤のお渡しおよび食事制限のご説明を致します。
当日の来院で胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査を同日に受けて頂くことはできませんので、一度検査前に診察にお越しください。

二酸化炭素を使用した大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査においては、一旦内視鏡スコープを大腸の一番奥である盲腸に到達させてから、手前の肛門に向かって腸管の中を隈無く観察します。
腸管を観察するためにある程度空気を入れる必要がありますが、奧に入れた空気はすぐには出ません。その為検査後にどうしてもお腹が張り、検査後腹部に膨満感・苦痛が伴うことがあります。
当院ではこの空気の代わりに、二酸化炭素ガス(炭酸ガス)を使用しております。

二酸化炭素ガス(炭酸ガス)

腸管内に入った炭酸ガスは、腸管の壁から素早く吸収されて血液の中に入り、そこから肺へ送られて、呼気(呼吸する時の「吐く」息)により、体内から速やかに排出されます。
これにより、通常の空気を入れる場合よりも、かなり早く腸管内のガスが排出され、検査中から終了後にかけての、お腹の張りや苦しさが、かなり軽減されます。

安全な検査

当院では、自動洗浄機による内視鏡洗浄を行っています。

内視鏡検査1例ごとに完全洗浄を行っています。
自動洗浄消毒装置で高レベルの消毒により、ウイルスや細菌による感染を防止しています。

内視鏡検査の費用の目安(3割のご負担の場合)

(生検の個数や薬剤により、多少の誤差はあります。)

内視鏡検査前に事前に感染症等の採血が必要なことがあります。

胃内視鏡検査 約5,000円~約9,000円
ピロリ呼気検査 約2,000円
大腸内視鏡検査 約7,000円~約12,000円

病理組織検査を行った場合は別途追加料金がかかります。

大腸内視鏡検査時に、ポリープ切除した場合は手術扱いになりますので
約22,000~約28,000円になります。
(ポリープの大きさや個数によって異なります。)

内視鏡検査実績

平成24年に開業以来、内視鏡検査及び肛門関連手術に力を入れてきました。
内視鏡検査及び手術はすべて院長が施行しております。
平成29年度は2,500人以上の方に内視鏡を受けていただきました。
今後も癌の早期発見及び安全で苦痛のない内視鏡検査、手術に努めてまいります。

平成29年度内視鏡検査実績

手術実績

平成29年度肛門関連手術実績

関連リンク

鼻からの胃カメラ 大腸カメラ
初診の方へ メディア掲載 健康情報