メニュー
アミノインデックス
医療法人社団ひうらクリニック > アミノインデックス
  • 血液によるがんリスクスクリーニング検査
  • 1回で複数のがんのリスク評価が可能
  • 早期がんにも対応した検査

アミノインデックス(AICS)とは?

人の血液には20種類以上のアミノ酸が含まれています。通常、その濃度比率は一定に保たれるようにコントロールされていますが、がんや生活習慣病などにかかるとアミノ酸の濃度バランスが変化し、病気の種類によって特有のパターンを示します。

アミノインデックスは血液中のアミノ酸の濃度を測定し、健常人とがん患者のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、現在がんに罹患しているリスク(可能性)を評価する検査です。

胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、膵がん、乳がん、子宮がん・卵巣がんのリスク(可能性)について評価することができます。

がんであるリスクの高い結果となった場合、精密検査が必要となります。

アミノインデックス(AICS)の特徴

  • 1回の採血(約5ml)で複数のがんを同時に検査できます。
  • 早期がんにも対応した検査です。
  • 採血による簡単な検査であり、健康診断と同時に受診できます。
検査項目 対象となるがん種
男子 AICS(5種) 胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がん
女子 AICS(6種) 胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん、子宮がん・卵巣がん*

アミノインデックス(AICS)の受診対象者

AICS®は、下記年齢の日本人(妊娠されている方を除く)を対象として開発された検査です。
これらの方以外のAICS値は評価対象外となります。

対象がん 対象年齢
胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん 20歳~90歳
前立腺がん 40歳~90歳
子宮がん・卵巣がん 20歳~80歳

なお、以下に該当する方は、AICS値に影響がありますので検査は受けられません。

 
  • 妊娠されている方
  • 授乳中の方
  • がん患者(治療中を含む)の方
  • 先天性代謝異常の方
  • 透析患者の方

受診前の注意事項

  • AICSをご希望の方は、4日前までの予約が必ず必要です。
  • お電話にてご予約承ります。(072-782-1211)
  • 予約可能時間帯は、午前9時から10時30分です。

血液中のアミノ酸バランスに影響を与える可能性がありますので、受診前に下記の注意事項をお守りください。

検査前の飲食について

検査前8時間以内に、水以外(食事、サプリメント等)は摂らないで、午前中に採血してください。
なお、検査前日の夕食もお肉、魚などの高タンパク質の食事は摂りすぎないようにしてください。

検査結果について

  • それぞれのがん種について、がんに罹患している可能性を0.0〜10.0の数値(AICS値)で報告します。
  • 数値が高いほど、がんである可能性が高くなります。
  • AICS値からリスクを判断する目安として、「ランクA」「ランクB」「ランクC」の3段階に分類されます。
ランクA 今回の検査では、がんであるリスクは低いと考えられてます。
通常のがん検診をお受けください。
ランクB (ランクBであったがん種について)
通常の生活をされている方より、がんであるリスクが約1.5倍程度高いことになります。
通常のがん検診をお受けください。
ランクC (ランクCであったがん種について)
がんであるリスクは高いと考えられます。
精密検査をお受けください。

注意

アミノインデックス検査を受けるに当たっては、検査結果ですぐに「がん」と受け止める方が居ます。

AICSはがんであるかどうかを確定するものではありません。

ランクAであっても、がんでないとは言い切れませんし、ランクCであっても、がんであるとは言い切れません。

AICSは採血時の「がん」であるリスクを評価するもので、生涯に渡ってのリスクを評価するものではありませんので、定期的に検査することが大切です。

検査費用(自費診療)

内容 料金
(税込み)
男性5種
(胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、膵がん)
25,000円
女性6種
(胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、*子宮がん、*卵巣がん、膵がん)
25,000円

*子宮がん・卵巣がんは、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんを対象としています。
子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんのいずれかのがんであるリスクについて評価することができますが、それぞれのがんのリスクについて区別することはできません。

関連リンク

AICS患者様ご案内資料

初診の方へ メディア掲載 健康情報