メニュー
おしりのお悩み

このようなことに心当たりはありませんか?

  • 肛門が痛い。
  • 便やティッシュに一回でも血がついた。
  • 肛門がはれている。
  • 肛門にしこりがある。
  • 肛門から膿(うみ)が出ている。
  • 肛門周囲にかゆみがある。
  • 粘液が付着する。

このような症状があれば検査が必要です。

痔の種類

日本人の3人に1人は痔で悩んでいるといわれています。同じように悩んでいる患者様は大勢います。
恥ずかしがらずに受診してください。

痔には大きく分けて「いぼ痔(痔核)」、「切れ痔(裂肛)」、「あな痔(痔ろう)」に分けられていますが、それぞれ症状も治療方法も異なります。

いぼ痔(痔核)
切れ痔(裂肛) あな痔(痔ろう)

いぼ痔(痔核)

おしりの血行が悪くなり、血管の一部がこぶ状になった状態です。

内痔核症例写真 血栓性外痔核症例写真

切れ痔(裂肛)

肛門の皮膚が切れたり裂けたりした状態です。
便秘や下痢などが原因になります。若い方、女性に多い疾患です。
慢性的に繰り返すと狭窄(肛門が狭くなる)の原因になりますので、便の性状の調整・肛門の清潔・軟膏治療を行っていきます。
このような治療を行っても効果ない場合はだんクリニック(当院分院)と連携して括約筋切開術などの手術を行います。

切れ痔(裂肛)症例写真

あな痔(痔ろう)

肛門の周りに膿がたまって、外に流れ出るトンネルが出来た状態です。
痔瘻は自然治癒はまれです。長年放置すると、痔瘻癌が発生する可能性があるため手術治療が勧められています。

あな痔(痔ろう)症例写真

当院ではだんクリニック(当院分院)と連携して単純な皮下痔瘻・低位筋間痔瘻は状態に合わせて開放術式・シートン法(ゴム法)・肛門括約筋温存手術などを行っています。

痔瘻の前段階に肛門周囲膿瘍があります。痔瘻に関係ない肛門周囲膿瘍もありますが、肛門周囲膿瘍は切開し膿を出す必要があります。
肛門周囲に熱感・赤み・痛みを認めた場合はすぐに受診してください。

当院の痔の日帰り手術について

当院では、痔の日帰り手術を行っております。
詳しくは下記バナーよりご覧ください。

初診の方へ
メディア掲載
採用情報
健康情報